Ea05bebab1b0e9c5d143dcef47bebb2fつむりんさんの創作っ子
50b3941a96e40445423e07e72b29441c

ファーレン

「世の中が綺麗事だけでまかり通っていたら、俺みたいな連中は必要ないんだろうね?」

32b4ae98de5b1057bfff3678c92a45b1

プロフィール

フルネーム
ファレンティア・I・テリル
年齢
16歳
誕生日
11月3日
性別
身長
100cm前後
出身地
ナララ・カン王国
一人称
ボク、俺
二人称
オマエ
Medal button
 

「一度だけじゃ飽き足らず、また顔を出したな。盗賊め。此処はお前達の街ではない。」- (c:97630)
「お前達の街でもないように見えるがな。法でしか動かない木偶の坊に用はない。」- (c:107121)


【容姿】
ファーレンは、ナララ・カン王国の地下水路を拠点とした盗賊ギルド「テリヌス組合」のギルドマスターで、ドワーフ。
最大の特徴は顔全体を覆う東洋狐風の仮面で、人前で外す事はない。
服の上から心臓部のみを守るような形状の軽鎧を纏っている。


【能力】:不干渉
自分以外からの様々な干渉を弱める。
影が薄くなり認識されにくくなったり、魔法は彼女をすり抜けていく。
当然、ファーレン自身も魔法には全く才能がない。
もっと正確には、そうなること自体が彼女の持つ魔法の才能と言える。
サーヴィアによれば、彼女は無属性なのではなく、属性を収める器そのものが存在しないらしい。


【経歴】
ファーレンは、ナララ・カン王国の貧民街で望まれぬ子として生まれた。
父ということになる悪徳貴族の男は、金の力で女遊びがしたいだけだったので
ファーレンを産んだ事に対して母を責め続けた。
必然的にファーレンは浮浪児となり、盗みやゴミ漁りで生計を立ててきた。
そんな生活環境で盗賊としての素養を磨いたファーレンは
やがて亡くなった母の形見である狐の仮面を被り、父だった男の首をナイフで掻き切って殺害。
盗みと殺しの腕を買われ、そのままナララ・カンの盗賊ギルドへ身を隠す。

数年後、盗賊ギルドでも中堅の立場となってきたある頃、秩序を乱す盗賊ギルドに対して業を煮やした王国騎士団は
パラディンロードのフランベルグ卿率いる騎士団と、その娘ティアナを混ぜた衛兵隊による盗賊ギルド掃討作戦を発令。
多くの同胞が投獄されるか逃亡する中、ファーレンもまたナララ・カン国外へと逃れた。

ナララ・カン領の密林で追っ手を撒き、ネオンストロシティへと流れたファーレンは
そこで在葉と出会い、お互いの独特な価値観が共鳴し居候として転がり込むことになる。
盗賊ギルドとしての影響力は失ったが、その手の人間と接触する手段を備えていたため
ネオンストロシティの裏人脈を利用し、盗賊ギルドを再建するための資金を調達する。

在葉と共にナララ・カンへと舞い戻ったファーレンは、密林に隠れ潜むかつての同胞を集め
「テリヌス組合」という名の新しい盗賊ギルドを設立し、王国の地下水路を拠点とした。
より詳しいテリヌス組合に関する内容は、うちのこwikiを参照。


【性格】
「正義なんて誰の手にもありゃしないさ。あんなの金や権力・・・力を奮う事を正当化する為の言い訳に過ぎない。
ウチのギルドに干渉しようって思うんなら、まず胸に手を置いて、自分が正義だと言い切れるのか考えてみな。
神の裁きすら恐れられないこのご時勢。もっと凄惨で恐ろしい制裁を受けるのは、オマエの仇か、それともオマエか。」

ファーレンの明確な行動規範ははっきりしていない。欲に対して鈍感で、飄々と現れては消えていくためだ。
常識的に接している分には積極的に他者に危害を加えたり、金品を奪ったりなどの野盗のような行為は働かない。
ただ、標的に対する(特に社会的な)抹殺の惨たらしいやり方は、彼女の加虐趣味を示しているのではとも噂され、
犯罪者に人権は無いという偏った思想を持つ面は、彼女の過去の生き様そのものでもある。


【関係】
(c:97630)  ・・・宿敵
(c:107121)  ・・・「二人と居ないだろう」と言わしめるパートナー


【小ネタ】

  • 趣味はダーツ、特技はジャグリング、必殺技はバックスタブ(不意討ち)。全部ナイフでやる。
  • 居候時代、何度も在葉とチェスで戦ったが、在葉が誤ってテーブルを倒した1回以外は全部負けている。
  • 殺した父親の正当な息子が仇討ちの為にファーレンの跡を追ったが、(社会的に)殺害され2代に渡って復讐を果たされた。
  • ネオンストロシティで銃器とクロスボウの扱いも少し学んだ。

コメント

コメントするにはログインが必要です。

    質問

    質問するにはログインが必要です

    例: 質問はこんな感じで表示されます。

    Matomechan

    例: 回答はこんな感じで表示されます。