Missing thumb透明なイズさんの創作っ子
F2f1dc1af927ad2b14276f545b08a36b

チェンシャ/辰砂

B3b5d1662bd2089e41daf679970764ab

プロフィール

年齢
30代
性別
一人称
ワタシ
二人称
キミ、アナタ
Medal button
 

EyeColor:黄色/HairColor:黒
Accessory:眼鏡(銀、稀)、チーク(赤)

ImgColor:赤、黒、茶色、緑
ImgThema:?
ImgKey?:料理人、武道家、中華風

Memo:辰砂とは硫化水銀からなる赤い鉱物。
日本語読みではシンシャ。
おそらくは偽名で、本名は不詳。
大きな仕込み傘を用いた特殊な拳法の使い手。
相手の動きを読み、受け流し、利用することを主軸とした独特な戦闘スタイルをとる。
ただし、本来の武器は別に存在するらしい。
普段はおどけた仕草が多く、リンにも突っ込まれるほど抜けている。
料理人として、あるいは戦士として、幼い頃からリンを優しく厳しく鍛えてきた。
怒る時も笑顔を崩さず、その様子が余計に怖い。

Memo2:戦闘では仕込み傘を使用することが多いが、これは相手の実力を様子見したり、本気を出す必要が無いと判断しているため。
仕込み傘は通常の傘に比べて骨格が大幅に強化されており、重い斧の刃を受け止めても歪むことがない。
鋭く尖った先端を使った刺突、打撃、傘を広げて威嚇や防御など、多彩な方法で扱う。
本気を出す時は、本来の武器である薙刀を使用する。
ただし、これが持ち出されることは滅多に無く、使用している所は弟子のリンでも数回見た程度という。

Memo3:長い黒髪を紐で結わえた男性で、ひょろりと背が高い。
多くの場合、コック服か、和服姿で現れる。
フリー料理人として方々を渡り歩くリンとは対照的に、辰砂は王国内に料理店を構えている。
ギルドに所属する騎士でもあるが、騎士らしい活動は殆どしていない。
普段は糸目だが、ごく稀に目を見開く場合がある。
口調はやや片言気味で、時々中国語が飛び出す(『アイヤ!』など感嘆詞が多い)。