690ce1e0a1d2462fbca826c63ef420cbめいぷるさんの創作っ子
80576d8dfdc53c94a862a8f4fe2cbaab

花房 ガブリエル

「べ、別に涼子のことなんか何とも思ってないし…!」「な、泣くなよ…。涼子に泣かれたらどうしていいかわかんなくなる…」

8039647f34ece5dc8d7d48e1f16c6f07

プロフィール

フリガナ
ハナブサ ガブリエル
登場作品
花房さん家の義姉弟とその周辺
年齢
9歳
性別
身長
130cm
出身地
アメリカ合衆国
一人称
ぼく
二人称
お前
Medal button
 

小学四年生。

金髪(ライトゴールド)、碧眼(スカイブルー)。

ビスクドールの少女人形を思わせる愛らしく整った顔立ちの美ショタ。

生意気で怒りっぽく、中々素直になれないツンデレ美ショタ。意地っ張りな上に、直ぐに拗ねて「もういい!」というお決まりの台詞を吐き捨てて不貞腐れる。強がっているがその実、かなりのビビり。普段はツンツンしているが優しいところもある。

ガブリエルが幼稚園児(5歳)のときに両親が離婚して、母親に引き取られた。その後もアメリカで暮らしていたが母親が日本支社に転勤になったことにより息子のガブリエル(当時小2)も一緒に日本へやって来た。
小4に上がる前の春休み中に涼子たちと顔合わせをして、その後、母親が再婚し、苗字が花房になる。ちなみに旧姓はブロードハースト。

両親が共働きで仕事が忙しいため、義姉の涼子と二人きりでいることが多い。

普段は普通の男児服を着ているのだが、実はセーラーキューティー(略して"セラキュ")というセーラー服を専門に販売するファッションブランドが好き。ちなみにセーラー服はスカートではなく短パン派。

ガブリエルはカッコいいと言われたい系美ショタだが、ガブリエルの中の美的感覚としてはセーラー服や今の髪型がとても好ましいと感じていて、でもセーラー服は一度周りの人たちに女みたいだと笑われたので、家で一人ファッションショーをするに留めている。今は涼子と二人きりでお出掛けするときにセーラー服を着ている。

幼い頃に母親から買ってもらったクマのぬいぐるみを大事にしている。好きな色は青色。好きな花は向日葵。

母親の再婚相手の連れ子である義姉の涼子に初恋をしているが、周囲の人々にからかわれるのが嫌で人前では素直になれないし、かといって涼子自身に気持ちがバレるのも恥ずかしい。それに涼子みたいな女子高生が自分のような子どもを相手にしてくれるわけがないし、家族の一員である義理の弟から恋愛感情を持たれても迷惑に思うかもしれない。相手が小学生だから油断した言動を取っていただろうに実はそういう目で見られていたと知ったら涼子は気持ち悪いと思われるかもしれない。そんなこと思われたり言われたりしたら立ち直れないetc…というあらゆる不安要素からいつもツンデレとした態度になってしまう。