471556a7e1cb9b1f14dc38b304ba8fb6仁衷さんの創作っ子
Missing thumb

ウッドワード

    プロフィール

    フルネーム
    Woodward
    フリガナ
    ウッドワード
    年齢
    不明。10代後半
    誕生日
    6月15日
    性別
    男性
    血液型
    _
    身長
    178cm
    体重
    軽量
    出身地
    不明
    一人称
    二人称
    お前、アンタ
    Medal button
     

    クソチンピラ青年

    淡い桜色のふわふわとした髪につり目がちなワイン色の瞳。
    きめ細やかな真っ白な肌と女のような柔らかい顔立ち。

    怠惰と憤怒しか感情がないかもしれない。
    常につまらなそうな表情をしており、よくダルいだのメンドーだの言っている。
    また、暴言を非常に多く口にして、沸点が低い。ブチギレやすい若者。

    とある青年のクローン。
    山奥にある研究所(表は教会)にて実験台として存在した兄妹がおり、その兄妹の名前が
    Teddy Woodward(テディ・ウッドワード)
    Patricia Woodward(パトリシア・ウッドワード)
    である。
    ウッドワードはテディのクローン。なので厳密に言えばウッドワードが名乗っている「ウッドワード」という名前も彼の名前ではないし、彼に名前はない。
    ウッドワードが産まれてから暫く、テディは正気を保っていたが、度重なる実験の末にウッドワードが作成されてから9年目ほどに脳死状態となる。幸いまだ健常であったパトリシアとはよく遊んでいた。
    作成から15年目で研究員を殺害。新たにやってきた研究員(Lienhard Losch(リーンハルト・ロッシュ))は一転して非常に穏やかな人間で、少なくとも前任とは対照的に暴力や罵詈雑言を放つことはなく、純粋に研究に没頭していた。それから一年後、マクフィーに勧誘され研究所を出る。
    度々パトリシアの様子を見に研究所へ帰ることもあるが、いくらリーンハルトが良い人間であろうとやるのはクローンの作成で、ウッドワード兄妹は研究材料なので、徐々にパトリシアの頭がおかしくなっていくのを感じている。

    ウッドワードのクローンとしての完成度は、はっきりとした失敗作である。
    そもそもテディは金髪碧眼なので髪の色も瞳の色も歪だし、性格も穏やかでなければならないのに真逆だし、強靭な肉体(特に脚力)に見合わない虚弱さなどにより非常に劣悪な環境で育てられた。早期段階で失敗作と断定されたためバージョンアップも補強もメンテナンスもされておらず、寿命もそこまで長くない。というか20年もったら失敗作のクローンとしては長く持った方なのではないかレベル。