41e826a7f64ff738d3b42cc1c4f58ef6梓月さんの創作っ子
100085b78e317c4aa2b27df51b2756c1

音海 凪砂

白軍一年 一般部隊

    100085b78e317c4aa2b27df51b2756c1

    プロフィール

    フルネーム
    音海 凪砂
    フリガナ
    オトミ ナギサ
    登場作品
    学生戦争
    年齢
    高等部一年生
    誕生日
    12月19日
    性別
    血液型
    B型
    身長
    152cm+3cm
    一人称
    音海/わたし
    二人称
    あなた/~さん
    Medal button
     

    概略
    白軍高等部の一般部隊に所属している女子生徒。

    所属 :白軍/一般部隊
    学年 :高等部一年
    髪色 :薄い水色(地毛は明るめの栗色)
    目  :紫色
    利き手:右
    武器 :薙刀
    趣味 :絵本や童話を読む事
    特技 :ヘアアレンジ
    好きな飲食物:紅茶クッキー/ミルクティー
    苦手な飲食物:ししとう/牡蠣/数の子

    イメージカラー:ベビーブル―

    誕生花:ゴボウ
    花言葉:私をいじめないで

    「すっ、すみません…!」
    「どんなに戦果を挙げたって音海はただの人殺しなんです」
    「わ、わたしはこんな才能…いらなかったのに…」
    「か、神様がいるなら…音海みたいな子なんていませんよ…」
    「あなたのことは一生忘れません」


    容姿
    薄い水色の髪に紫色の目。
    髪をツインテールに結い毛先を緩く巻いている。前髪は常にざんばら。
    いつでも何かに怯えているか困っているような表情を浮かべている。

    人物像
    臆病で自罰的な性格。話すときに吃りがち。極力人を避けて生活しているため友達が一人もいない。
    日記をつけることを日課にしている。
    戦うことに対して恐怖心を抱いているが不思議と多くの戦果を挙げている。

    戦闘面
    戦場では終始怯えた表情で謝りながら武器を振るう。
    取り逃がした敵に復讐される事を極度に恐れているため対峙した相手を自分の手で殺さないと安心できない。
    その割には人を殺す事に慣れておらず任務後にいつも一人で嘔吐している。
    戦闘後に泣きながら殺した敵の顔を見て覚えようとしている。

    背景
    軍人を輩出している少し裕福な家の生まれ。父親は軍事関係の従事者。
    実技訓練の成績が優秀だったため周りから戦闘部隊に入ることを勧められ、断る事も辞める事も出来ずに今に至る。
    本当は雑務部に入りたかったがこの事は誰にも言えていない。

    軍人を輩出している家系のため生まれてくる子は男が望まれていたが産まれてきたのは女の凪砂であった。
    女であることに加え臆病で戦う事に恐怖感を持っていた彼女はだんだんと親に見向きされなくなっていく。
    ちなみに彼女は家の体裁を保つため半強制的に軍事カリキュラムのある学校に入学させられている。

    初等部高学年の春から戦闘実技訓練が始まり、彼女はそこで不本意にも好成績をおさめた。
    そして、それを聞いた両親が今まで見たことがないくらいに喜び自分を褒めてくれた。
    彼女はこの時「戦いたくないけれど戦わなければ自分は親に見向きも愛されもしない」「しかも愛されてるのは自分じゃなくてこの才能」「それなら自分の存在意義はこの才能にしかない」と思ってしまった。
    自分はこの才能を使うほかないと思い込んでしまった。

    それと同時期にクラスの女子数人からいじめを受け前髪をざんばらに切られている。
    これがトラウマとなり「前髪を整えるとまた切られる」という怯えからか今でも前髪をわざとざんばらに切っている。

    中等部に進学してから部隊配属があり、実技の成績が良かった彼女は周りの薦めを断われず一般部隊に所属。
    様々な要因からなる精神的ストレスが溜まりに溜まった状態のまま彼女は初陣の日を迎えることに。
    初めての戦場や初めての命のやり取りでストレスがピークに達したその時、音海凪砂は初めて人を殺した。
    その時の光景や人を殺した感触というショックが引き金となり髪色が変色してしまった。

    今もなお戦うことには慣れておらず人殺しの自分を強く嫌悪している。

    戦いを恐れる彼女は皮肉にも戦闘において非凡な才を持って生まれてきていた。
    戦闘センスだけなら一騎当千と同等であるが戦闘への消極的な姿勢と本人が一騎当千の肩書きを嫌っている事が理由でこの肩書きを得てはいない。
    稀有な才能であることは間違いないが戦いを恐れる彼女にとってこの才能は要らないものであった。


    ▽うねね寧子さん(@okometa_benai)宅の小深山(コミヤマ) 夜鷹(ヨダカ)くん
     唯一関係
     表記:高菜

    ▽うねね寧子さん(@okometa_benai)宅の捩花(ネジバナ) (マワリ)ちゃん
     同室関係