8a67e7428efedbc8de4970ced8826973よ~ゐ⸮さんの創作っ子
81a12152ba6e93972c28106f8ed5d7c6

若葉

「お前にこの罪悪感が分かってたまるかよ」

    Df5bafb956cdaebdc93449c7ca8a8a0b

    プロフィール

    フルネーム
    阪原 若葉
    フリガナ
    さかはら わかば
    登場作品
    トラディション・デカダンス
    年齢
    色彩生命体として8年目
    誕生日
    8月8日
    性別
    ♂︎
    一人称
    二人称
    お前、名前呼び捨て
    Medal button
     

    若葉色の色彩生命体。

    同じ神社で弟の青磁色の色彩生命体がつくられたことで、親の関心がすべて青磁にいくようになり、それにうんざりして家出しました。実際は失敗作の青磁色の身体が弱いため手厚く扱われているだけですが、あまりにも自分に対して無関心なので人間は嫌いらしい。
    家出したところで政府に所有権は渡したくないので、テレビで見た反政府組織にいるらしい藤黄色を訪ねました。訪ねて事情を話したところ何故か殴られかけたのでとりあえず受けとめてみたら気に入られ、もう一人強い要員を連れてこいと条件を告げられます。
    若葉は青磁色が作られた時点あたりから不良の道に手を出していたので反政府に行こうという思考になりましたし、藤黄色からの謎の殴りかけ(それなりに強いかの判断)にも対応できました。力でいえば藤黄色より強いです。
    もうこの時点で藤黄色は面倒そうだし極力関わりたくなかったのですが住むためだったので渋々もう一人を探すことにします。
    弟の青磁色は失敗作で弱く、そもそも家出の原因なので論外、となると仲のいい空色の鈴凪が候補でした。
    鈴凪の作られた神社は若葉の作られた神社と元より交流があり、昔からよく一緒にいることが多く、うまれて二年目から付き合っています。付き合っている影響で鈴凪も不良に似たところがあり、ぼーっとしてはいるものの実際喧嘩は強いところがあります。
    神社からの合意を得て空色の鈴凪を藤黄の元に連れていくと同じように鈴凪が殴られかけましたが、え、なに…?のような困惑した顔で受け止め、これもまた藤黄に気に入られていたのでふたり一緒に参入できることになります。
    鈴凪が殴られかけたことを地味に根に持っているのでいつかし返してやろうと思っています。

    現世でも妖帳に移ったあとも三人で暮らしています。不良のような素行と言動ですが家事担当は若葉でお茶を淹れる温度や時間にすごく厳しいです。
    朝が弱く朝ごはんを食べようとしない鈴凪に朝ごはんを食べさせ、歯磨きをするママの係です。
    よく藤黄を実験台にヘアアレンジの練習をし、鈴凪にかわいいヘアアレンジをしてあげています。

    青磁が死んだ原因は自分にあると罪悪感を感じ続け、ずっと自分を責め続けています。


    関係のあるキャラ

    (c:255662) 弟 ずっと罪悪感感じてるし傷は一生癒えない
    (c:235069) 一緒に暮らしてる彼女 ご飯を食べさせたりしてる 慰めてもらってる
    (c:235045) 一緒に暮らしてる家族同然 殺されかけた