7fbaed199321afcf6aa1c6aeb8b2f9c4縁代まとさんの創作っ子
Caac3c86be1e979a806064118616a5cf

藤石静夏

「――私が守ってみせよう」

B86d0586fd1cd3b58743e1f18028769f

プロフィール

フリガナ
フジイシ シズカ
登場作品
マッシヴ様のいうとおり
年齢
29
誕生日
10月23日
性別
血液型
身長
205
出身地
ベタ村(現世)/日本(前世)
一人称
二人称
呼び捨て、許可されたあだ名
Medal button
 

世界の神の手により転生した後、願いであった『元気で健康な体で息子と暮らす』が物凄い形で叶えられムキムキマッシヴな恵体になった。
その筋肉に愛された体と処女懐胎のような形で伊織を生んだこと、
加えて魔獣退治を始めとした人助けにより聖女マッシヴ様として広く知られていくことになる。
喋り方は若い頃に師事を仰いだ人物の影響で変わってしまったが、性格と息子を想う心は変わらない。

『聖女マッシヴ様』は人々は筋肉信仰の信仰対象である筋肉の神の加護を受けていると思っているが、
実際には世界そのものの神の加護であるため更に上位のものである。

伊織に対しては基本的に見守り、時折手を貸すスタンスだが根っこの部分は溺愛しているため心配性になりがち。
この心配や不安は息子以外には出辛い。
スキンシップも雄々しいためハグを死因にしかねない勢い。伊織は大変。
前世では入院生活続きで息子と長く接することができなかったため、19才でも小さな子供扱いしている面があった(子守歌を歌ったり等)

着ることができれば何でも、というスタンスだが
「オシャレというものは見栄のためより自分が楽しむためにしたほうが楽しい」という持論も持っている。

犯罪者でも反省の意思がある者にはチャンスを与えたいという考えの持ち主。

――――――――――――――――――――

■口調など
「~だ、だな、だろうか?」
雄々しくぶっきらぼうな喋り方をする。
前世の頃は「~ね、よ、なのね」

■外見
首の後ろで無造作に縛られた黒色のワイルドなボサボサロングヘアー。
眼差しは前世と変わらない。
逆三角形の上半身と鍛え抜かれた四肢のマッシヴ体型。

■苦手なこと
料理が壊滅的に下手。
特に生まれ変わってからは自分に合う調理器具がなく、余計に酷……大変なことになっていた。
本編では189~190話辺りで徐々に克服している。

恐れていることは『再び息子を失うこと』

恋愛関連には疎い、というよりも前世の夫に対する気持ちを持ち続けているため、
無意識に他の人間との恋愛について考えることを回避しようとする傾向にある。
それを自覚すれば真摯に向き合う。

■得意なこと
騎士団が出動するほどの魔獣でもパンチひとつで退治が可能。
伊織と違い赤子の頃から生き直しているため伊織よりは世界について情報を持っている。

――――――――――――――――――――

■目標
世界を守り、この第二の故郷で今度こそ息子と平和に暮らすこと。
強すぎる力が故にコントロールが甘いため、今後の目標は力の制御と使い方の工夫。

■前世
生まれつき病弱。
特殊な設備が必要で、自宅近くに対応している病院がなかったため伊織はバイクの免許を取った。
伊織が小さい頃はまだ自力で出歩けていたが、夫の織人(おりと)が亡くなってから一気に悪化する。
かなりの良家の出でお金に困ったことはない(そのため少々世間知らず)

 

■師匠について
師匠は筋肉の神が受肉した者だった。
神の受肉は大抵短期間のため、静夏に戦い方を教えた後は元の不干渉域に戻っている。
なお、世界の神が行なう救世主頼りの防衛だけでなく自己防衛の一環として定期的に受肉し魔獣を狩っており、
ミュゲイラが子供の頃に里で目にして憧れを抱いたのも筋肉の神である。

筋肉の神を派遣したのは世界の神で、本来は自分の世界にここまでの干渉(異世界から救世主を送り込むことは別)はできないが、
母を心配する伊織の言葉を聞き、時間はかかったが予定外の受肉の準備をした。
神の受肉先の肉体は他人を使わない場合は世界の神が作り出すため、救世主を呼び込むのと同じくらいの負担がある。
救世の先行投資ともいえるためこれは破格の対応。

■現世での出自
伊織と違い静夏はこの世界で一から生まれて育ってきたため、現世は現世で親兄弟がいる。
家族はベレリヤ国の王族で、本人も国王アイズザーラの長女(第二子)
本来の出身も王都ラキノヴァだがとある理由からベタ村出身と偽り、王族との関係も伏せていた。
現世での本名はオリヴィア。

■心配なこと
現在、生まれ変わってから伊織に恐ろしくてはっきりとは訊ねられていないことが一つある。

コメント

コメントするにはログインが必要です。

    質問

    質問するにはログインが必要です

    例: 質問はこんな感じで表示されます。

    Matomechan

    例: 回答はこんな感じで表示されます。