50360c4ff34b77668eb95a531f8fd48aオセロさんの創作っ子
C83381619c6817db173352979e8d156d

『嗚呼、本日は晴天なり。』

    935a9e814cfc47509eaed86b0ab04719

    プロフィール

    フルネーム
    青天宮 蕚
    フリガナ
    せいてんぐう うてな
    登場作品
    鬼狩る人(鬼滅オリキャラ作品)
    年齢
    14
    誕生日
    10月4日
    性別
    血液型
    O
    身長
    150(草履無しだと148)
    体重
    40
    出身地
    臨海の村
    一人称
    アタシ、私(本性)、(幼少期)あまこ、蕚
    二人称
    アンタ、呼び捨て、貴方(本性)
    Medal button
     

    【名前】青天宮蕚(せいてんぐう うてな)
    【性別】女
    【体重】40kg
    【誕生日】10月4日
    【身長】150cm(草履無しだと148cm)
    【年齢】14歳
    【階級】柱(晴柱)
    【日輪刀の色】青空の色
    【呼吸】晴天の呼吸
    【お相手】時透無一郎君
    【その他】
    ☆兄、姉、蕚、弟の四人兄弟だったが、自分以外が鬼に喰われた事によって恐怖で髪が白くなってしまった。
    ☆年齢は14歳。昔は貴族だったらしい。
    ☆周りの人を実の兄姉の様に感じている。よくベタベタ引っ付いてきて怒られがち。
    ☆青天の呼吸は風の呼吸の派生らしい。本人曰く『気合いで誕生させた』とのこと。
    ☆褒められると物凄い喜ぶが、褒めすぎると奇行に走りがちになる(池に飛び込む等)
    ☆一人ぼっちで暗い空間にいるのが嫌い。放置すると泣き出す。
    ☆まだまだ子供故に体力は低いが、相手の近くへ足音を立てずに近付く事ができる。
    ☆屋敷に兎が沢山いるらしい。動物愛好家。
    ☆柱に就任した際に、築一日の我が家に松明を投げ捨てて炎上させている。現在は無一郎の家に同居してるらしい。
    ☆寝ぼけていると『お兄様』『お姉様』と呼んでくる。
    ☆無理矢理明るく振る舞っているらしい。本当は夢見がちらしいが、馬鹿にされたくない故に隠し通している。
    ☆無一郎と交際中。刀鍛治の里以降は無一郎も炭治郎と接する時以上の笑顔で接する様になった。バカップルと樹から怒られている。
    ☆現在の悩みは胸が大きくて邪魔なこと。
    ☆上弦の壱との戦闘直後、辞世の句を読み、自ら喉を掻き切り自害し死亡する。
    ☆後に分かるのだが、最終決戦の朝に三つ子を出産している。

    来世ネタ
    【名前】一夜日光(いちや にこ)
    【性別】女
    【年齢】20歳
    【職業】絵本作家
    【その他】
    ☆蕚の生まれ変わりの姿。
    ☆中学校で無一郎と感動の再会してダイナミックプロポーズされたという伝説を持ってる。
    ☆大学時代に無一郎と籍入れるらしい。。
    ☆背が小さいことがコンプレックスを抱いている。
    ☆子供は大勢いた方がいいな、と思ってる。賑やかって楽しいもんね。
    ☆今世では自分らしく生きようと思ったので、堂々とロマンチストになった。
    ☆中学二年生の頃に前世(蕚)の記憶を取り戻す。思い出して授業中にも関わらず無一郎のクラスまで疾走したらしい。
    ☆↑同じ時間に前世の記憶を取り戻した無一郎のクラスに特攻して窓ガラス割ってる。色々とクレイジー。
    ☆↑そしてその後に待ち受けるのがダイナミックプロポーズという(めっちゃクレイジー)
    ☆大人しくなったのは19歳から。それ以前はめっちゃクレイジーだった。

    【年表】
    0歳 臨海の村(現在地不明)にて、政府の上官であった父親と木鈴職人である母親の元に誕生。『天乃照 天使(あまのてり あまこ)』として天乃照一家の第三子として雅と共に生まれ落ちた。

    4歳 母親の友達であった時透家の母親と無一郎達にあう。同い年なこともあって意気投合。無一郎から『大きくなったら、僕のお嫁さんにしてあげる!』と言われる。

    6歳 父親が鬼に襲われる現場を目撃。おかげで髪が恐怖で白くなった。母親に手を引かれて兄と雅、弟と逃げ出すものの、追いつかれた際に母親が囮となって助かる。この後に兄が時透家に行き、自分達を助けてほしいと懇願する。そこで時透家の仕事を手伝う替わりに、近くの小屋を貰って住むことになって衣食住が安定する。

    8歳 風呂で寝てしまい、大急ぎで寝室に行くと兄と弟が鬼に惨殺されている現場を目撃。鬼とも対峙してしまい、大急ぎで逃げ出す。この時に兄と弟に守られて雅は無事だったのだが、蕚はそのことに気付かず『皆死んだ』と思い込んだ。お館様のお内儀様であるあまねに拾われ、鬼殺隊の存在を知る。

    11歳 ショックで記憶を無くし、お館様のお手伝いさんとして暮らしていたが、無一郎が運ばれてきたことによって事態は一変。ようやく鬼殺隊に入隊することを決意する。雅も運ばれきたが、記憶がなかったので『同じ苗字とか気味悪い』と一蹴り。名前を『青天宮 蕚(せいてんぐう うてな)』に改名。

    12歳 入隊一週間後に当時柱であった小鳥遊一花の継子となって刀を奮う。蕚のことを心配してくれる一花の事を母親の様に思っていたが、記憶は戻らなかった。入隊三ヶ月の訓練の末に『晴柱』としてデビューする。そして無一郎と交際(?)を始めた。告白してきた樹をばっさりフったのもここら辺。

    14歳 ルミ達のお陰で記憶を取り戻し、自分の在り方を知る。最終決戦の前夜に無一郎との子供を産み落とす。しかし、最終決戦の上弦の壱戦直後にて無一郎と雅の後を追うように首を掻き切り自害。

    【蕚の最期】
    蕚最期の奇行は『切られた無一郎の四肢と雅の四肢を持ってきて、元通りに縫い付けようとした』こと。
    本人としては抜糸を見たときに『縫えばくっつく』=『縫えば治る』と思っており、『きっと治るよ』と譫言の様に震えた声で唱えつづけて縫い合わせた。しかし、治らずに冷めきっていく二人の体を見て、ようやく自分の行動が間違いだと気づく。そのまま自身の日輪刀を持ち、『本日ハ青天ナリ(蕚の辞世の句)』と言って首を掻き切った。
    意識の途切れる最期まで、無一郎にしがみついていたが、最期の最期で無一郎が抱き返してくれた事に涙を零す。二人の遺体は樹の手によって彼の教会の墓地の同じ墓に埋められたが、不思議なことが。
    死後硬直が起こったのか不明だが、二人の遺体は引き離そうとしたものの、なぜか離れなかったらしい。
    二人の子供は樹が引き取った。

    好き嫌い等
    好きな食べ物→綿菓子、刺身
    苦手な食べ物→わさび
    鴉の名前→金助(かなすけ)
    特技・趣味→兎の世話、近所の子供達と遊ぶこと、紙飛行機勝負(しかし無一郎に全敗中)
    イメージカラー→浅葱色、白
    イメージとなった天気→晴れ、晴天、朝

    公式キャラやうちよそちゃん達との対人関係
    ()が記憶戻る前。()無しが記憶戻ってから。

    冨岡→(等身大人形みたい。いてもいなくても変わんない)/口下手。よく誤解招いて爆笑させてくれる。
    不死川→(傷だらけの人。そんなんじゃお婿に行けないよ?)/たまに犬をモフモフさせてくれる。見かけによらない人。
    伊黒→(ねちっこい。糊みたいにネチネチしてる。)/お目目綺麗。蛇と話せる気がする。
    甘露寺→(お姉ちゃん。いっつもときめいてる。)/よくお菓子くれる。髪結んでくれたり、恋バナ聞いてくれるいい人。
    胡蝶→(女王蟻ならぬ女王蝶。飛んでいきそう。)/最近飴ちゃんくれる。蝶々捕まえてごめんね。
    時透→(交際相手。よく接吻してくる。)/ようやく思い出せた。最近更にイチャイチャ甘えてくるようになった気がする。
    悲鳴嶼→(怖い。あんまり関わらないほうが良い。)/いい人だった。最近猫ちゃんモフモフさせてあげた。
    煉獄→(声のデカい人。半径1m以内の物を自然発火させれそう。)/元気だけどちょっと抜けてる人。もっと話しとけば良かった。
    宇髄→(ギラギラした石ころ付けてる人。煩い)/何かマッチョなネズミで芸見せてくれた。劇団の団長みたい。
    雨神宮→(コイツマジで無理。人の嫌がる事はやめてよ)/面白い奴。トゥーリが絡むと突然おバカになるからびっくりした。
    暴風寺→(煩い。何考えてるのかわかんない)/奇行ならコイツも負けてない。でも何か隠してるし、笑顔の裏に何かある。
    月夜宮→(自分の事を妹とか言ってくる。正気?)/本当の姉だった。でもアタシ知ってるからね。姉さんと有一郎が接吻してたの知ってるからね。
    小鳥遊夫婦→(師範と旦那さん。誰かに似てる様な…)/アタシのパパとママと同じこと言ってくれる。第二の両親。
    茅埜→(どこかであった気が…)/甘味処でよく会う。二人で女子会したり恋バナしたり。
    朝焼乃→(継子。ただそれだけ)/アタシがあまこの頃から一緒だった召使い。何か武士っぽい喋り方するのね。
    優・無那・雛→可愛い子供達。生まれて来てくれてありがとう。

    青天の呼吸
    体が柔らかく、脚力が強いおかげで使える様になった。
    両手に刀、下駄に短刀を仕込んでおり、計四本の刀で相手を切り裂く。動きとしてはアクロバットに近い。手足を使って戦うので、広範囲に連撃を仕掛ける事が出来るが、体勢を崩すと立ち直りにくい欠点がある。

    壱ノ型 金陽(こんよう)
    弐ノ型 黎明の日の出(れいめいのひので)
    参ノ型 日華ノ舞(にっかのまい)
    肆ノ型 晴天を穿つ(せいてんをうがつ)
    伍ノ型 反乱の乙女(はんらんのおとめ)
    陸ノ型 天照(あまてらす)
    漆ノ型 陽下白百合(ようかしらゆり)

    【合天ノ型(がいてんのかた)】→合わせ技みたいなもの。
    合天ノ型 【月夜】月下陽来(げっかようらい)
    合天ノ型 【曇天】天雲狩(てんうんがり)
    合天ノ型 【暴風】台風の目(たいふうのめ)

    【奥義】
    空ノ型 空に帰す(そらにきす)

    【うちよそ】

    小鳥遊一花ちゃん→元師範
    蕚が記憶を無くしてから、自らの継子として育ててくれた。
    蕚本人からすれば、第二の母のようなものだと感じている。記憶を取り戻してからはよく甘味を持って遊びに来ている。

    茅埜ちゃん→甘味処巡りの仲間
    よく新しい甘味処を見つけては一緒に食べに行く。
    恋バナしたり、『〇〇が◇◇してた』みたいな報告とかしてる。お互いに恋バナが凄く盛り上がったりするが、恋バナした翌日に蕚は必ず任務を休む(無一郎が休ませる)のだとか。

    天野雫ちゃん→お友達
    よくお話したり、恋バナしたりする。
    たまに蕚が髪の毛結ばせてー!ってやってくる。そして許してくれる(しかし上手く結べるとは言ってない)失敗しても許してくれる優しい子。

    千景士郎ちゃん→お友達
    よく二人でどんちゃん騒ぎしてる。
    唯一蕚の奇行(褒められたら恥ずかしくて奇行に走るやつ)を爆笑して許してくれる。でも蕚が無一郎におだてられて青天宮邸(蕚の屋敷)を燃やして、無一郎の家に居候しているという話を聞いた時には真顔になったらしい。

    氷芽川ルミちゃん→親友
    日本政府のお偉いさんの娘と外国の王女ということもあって意気投合した。
    よく炭治郎&ルミちゃんカップルと無一郎&蕚カップルでダブルデートする。優しい世界。
    外であろうが平気でイチャイチャするむいうてを遠い目で見ていたらしい(東談)

    泉はきねちゃん→お友達
    よくお家に招いてお歌を歌う仲。
    最近和菓子の作り方を習得したらしい。蕚が太鼓判を押しまくっている。
    たまに着せ替え人形にさせられる。

    猫屋敷色晴ちゃん→継子
    東と一緒に継子として頑張ってくれている。
    よく恋バナをするが、むいうての夜戦(意味深)を聞いてしまって気まずくなることも。
    色晴ちゃんが泣いてると真っ先に東が疑われる。

    氷室鏡華ちゃん→お友達
    よく一緒に恋バナするお友達。
    たまに後ろから義勇さんと無一郎に覗かれる。むいうて地獄の鬼ごっこをバックにして『覗かないで下さい!』って怒ったりする。
    蕚の死後に墓の前で恋心に気づいたと報告したとか。

    宿禰美心ちゃん→お姉ちゃん的存在
    第二のお姉ちゃん的存在。
    美心ちゃんもよく誇らしげにしている。しかし、現在のお悩みは蕚が奇行に走りやすいこと。

    鉄賀根椿妃ちゃん→お友達
    お友達だが、椿妃ちゃんは断固として蕚を呼び捨てにせず『晴柱様』と呼ぶ。
    蕚曰く、もうちょっと気軽でもいいんだよ?とのこと。刀鍛治の里では枕投げをしたとか。

    瀬田春子ちゃん→保護者的存在
    蕚にめちゃめちゃ甘く、よく無一郎と煉獄さんから複雑な顔をされてる。
    一回蕚が『ママ』と言ったときは無一郎が止めに入ったらしい。

    北小路織乃ちゃん→お友達
    最初の頃は織乃ちゃんが蕚の事を一方的に知っていただけ。でも記憶を取り戻してから蕚とよくお買い物するようになった。最近着物を買いに行ったりしているとのこと。

    影下ひばなちゃん→お友達
    よく二人で女子会と称して町に出かけたりする。
    甘味処で休憩したり、恋バナしたりして盛り上がったりしているらしい。たまに蕚が玲司君と同じ隊務に当たると、どんな感じだったよと報告したりしている。

    水無月麗奈ちゃん→姉妹っぽい友達
    よく麗奈ちゃんの後ろをついて回ってる事が多い。
    たまにお菓子をねだりに来たり、隊務前に買ってきた物を持ってくることもしばしば。頭を撫でられると喜ぶらしく、よく麗奈が蕚の頭を撫でる光景が見られている。

    小鳥遊藍歌ちゃん→お友達
    よく一緒に訓練したりする仲。
    しかし、途中で蕚が『飽きた』と言ってどこかに走って行くことがしばしばあり、それを止めてくれるストッパーでもあるのだとか。

    【最終回の登場シーン】
    原作の本編とは異なっており、無為(転生無一郎)と日光(転生蕚)は20歳で登場する。
    その時の日光は妊婦で、無為と共に公園を散歩しながら生まれてくる子供の名前を考えていた。
    公園を横切って登校する炭彦とすれ違い、以下の様な会話を零している。

    『まぁ、とても元気な子ですねぇ。あら、今この子ったらお腹を蹴りましたよ』

    『えっ、本当?というか、さっき通りすぎた子は元気過ぎると思うけど…』

    『この子も元気いっぱいな子になりますよ。早く生まれてきたいとお腹を蹴っちゃうんですから』

    『きっと、早く僕たちに会いたいんだね…早く生まれておいで、パパもママも、君達を待ってるんだよ』

    『何も特別な才能を持たなくていいの。この子達が私と無為の間に生まれてきてくれただけで偉いのよ。』

    『君達は幸せになるために生まれてくるんだよ。早く僕たちにお顔を見せて。』

    【イメージソング】
    青天宮蕚
    『晴天を穿つ』Mew
    『キミナシビジョン』鏡音リン
    『快晴』Orangestar
    『ハグ』初音ミク
    『オレンジ』初音ミク
    『終焉逃避行』初音ミク
    『8.32』flower

    一夜日光
    『誰も知らないハッピーエンド』Fukse
    『群青』YOASOBI

    【名前の由来】
    『蓮の蕚半座を分かつ』という諺から。
    意味としては、『あの世に一席だけある蓮の蕚(椅子?)を分かち合って座るほど夫婦仲が良いこと』

    コメント

    コメントするにはログインが必要です。

      質問

      質問するにはログインが必要です

      例: 質問はこんな感じで表示されます。

      Matomechan

      例: 回答はこんな感じで表示されます。