Missing thumb伏見🦊さんの創作っ子
6a0534fc1339fe51ec45683d7d8e15f8

皇 悠飛

    6a0534fc1339fe51ec45683d7d8e15f8

    プロフィール

    フルネーム
    皇 悠飛
    フリガナ
    すめらぎ ゆうひ
    年齢
    28
    誕生日
    1月26日
    性別
    身長
    170
    出身地
    日本
    一人称
    Medal button
     

    ▪️カエラズノケン-HO1▪️

    STR 10
    CON 12
    POW 14
    DEX 14
    APP 15
    SIZ 14
    INT 14
    EDU 14


    登山家兼山岳医として働く女性。
    昔から自然に囲まれて育ってきており、幼い頃から家族でよく山登りに出かけてたりしていた。その頃の経験から山登りが好きになって登山家を目指すように。
    通っていた学校に登山部がなかったので中高ともに部活には所属せず一人で登ることが多かった。そのため職業登山家になってからも一人で登ることがほとんどだった。
    若いながらも数々の難しい山を一人で登ってきており自分の技術に対するプライドが高く、ソロで全ての山を登ることを目標としていた。ある程度の登山技術や医療知識はこの時に身につけた
    が、ある出来事で死の淵を彷徨ったことががきっかけで登山において協力することの大切さを学んだ。
    自分の過去の失敗の経験があるので無茶をする人は見過ごせない。山登りにおいて命を守ることを最優先としている
    今は狂気山脈を登頂した経験を活かしつつ、もっと自分に救える命が増えるようにと色々勉強しながら山岳医としての活動を続けている。
    自分の過去の失敗の経験があるので無茶をする人は見過ごせない。山登りにおいて命を守ることを最優先としている
    「悠飛。皇、悠飛。好きに呼んでいいよ」
    「体調悪くなったらすぐに言って。山では少しの体調の崩れが命取りなんだから」

    モチーフ:コウテイペンギン

    皇…コウテイペンギンの皇帝から

    ある時チームを組む機会があり、悠飛にとって初めての複数人での登山の際自分よりも能力の低いチームメイトに呆れてチームを置いて一人で登り始めてしまう。その際に足を踏み外し遭難。一度は死の淵を彷徨ったが穂高梓により発見、救出された。その際に無茶な登山はしないこと、チームで登ることの大切さを梓に教えられそれ以来は複数人で登ることが多くなった。
    また、その出来事以来梓のことをとても尊敬するようになって、少しでも彼女のような人に近づけるように医療を本格的に学ぶように。今では時々ソロで登山をしつつ様々な難度の高い山に山岳医としてチームについて行ったりしている。
    いつかは梓のように国境なき医師団に入るのが夢。今はそれに向けて勉強している
    第三次登山隊に志願した理由は昔自分を救ってくれた梓を今度は自分が救うため。どんな困難な山であっても梓を見つけるまでは絶対に帰らないという強い意志を持つ


    <通過シナリオ>
    カエラズノケン
    ホットココアとマシュマロを(KPレス)
    沼男は誰だ?