05809c27539950dec621a38e3b878e297@ナナ🌈🎨さんの創作っ子
191c3743538498cf951bf09f630fecad

神雪 冬夜

『俺の呪術は聴力が無くとも関係ない。そんな事しても無駄だよ。』

    2dca3746e752dbcddff0bf3d9988f091

    プロフィール

    フリガナ
    ミユキ トウヤ
    登場作品
    juju
    年齢
    17歳
    誕生日
    鏡の日(11月11日
    性別
    血液型
    不明
    身長
    182cm
    体重
    74kg
    出身地
    日本の何処か
    一人称
    二人称
    君、貴方
    Medal button
     

    等級:準一級術師

    所属:東京都立呪術高等専門学校 1年生

    性格:冷静沈着で物腰柔らか、謙虚で無欲、用心深く感が鋭い、意外と家庭的で趣味人、何をしても大抵は怒る事がない、芯が太く意外と頑固な一面も、いつもふんわりとした柔らかい微笑みを向けてくれる

    イメージCV:柿原徹也

    使用術式: 誘因術式
    " 水鏡曲 " ( スイキョウキョク )
    " 絶対音感 " ( ゼッタイオンカン )

    術式 - 水鏡曲 (スイキョウキョク)について
    発動条件は冬夜が指パッチン(フィンガー・スナップ)をする事。
    効果は全10種類あり、その指パッチンの音が聞こえなくとも発動する。(しないのもある)
    また、指を鳴らすだけなのでどの技が出るのかは相手は判断する事が出来ないという強みがある。
    呪言師と似たり寄ったりな感じ。

    1.夜想曲(ノクターン)
    →指パッチンの音を聞いた"呪力を持つ人"or呪霊をランダムで1人だけ、一定時間視力を奪う。聞こえた相手が1人なら問題ないが、複数いた場合は狙った相手に当てられないということと、味方にも発動してしまうという不安要素があるので、あまり使わない。
    (対象の呪力が強ければ強いほど短い)

    2.鎮魂歌(レクイエム)
    →呪力の塊をぶつける(濃い紺色の呪力なので視認はできる)。方向は強さ、大きさは意のままに操ることができ、不意打ちに適している。

    3.交響曲(シンフォニー)
    →辺りの呪力を帯びていない物質を敵に向かって吹き飛ばす遠距離攻撃。

    4.協奏曲(コンツェルト)
    →敵の呪力を少々吸い取り、それから2級程度の呪霊を生み出して攻撃させる。

    5.狂詩曲(ラプソディー)
    →指パッチンの音を聞いた"呪力を持つ人"or呪霊の脳内に「誰かは分からないけど知っている誰か」の囁き声が聞こえる術。動揺を誘ったり判断力を鈍らせたり、陽動にも使える。

    6.円舞曲(ワルツ)
    →指パッチンの音を聞いた"呪力を持つ人"or呪霊の行動を1〜30秒間制限する。関節の動きを鈍らせ遅くする・思うように腕を動かせなくなる、意図せず踊り出してしまうなど…
    これは敵の呪力に比例して呪力が高ければ高い程有効的。

    7.間奏曲(インテルメッツォ)
    →後光(1番下の欄で説明します)敵の攻撃を弾くガード技。
    跳ね返すのではなくあくまでも弾くだけ。指パッチンするだけでオートでガードしてくれる。

    8.小夜曲(セレナーデ)
    →冬夜自身、または冬夜の視界内の「味方と認識している者」へのバフ効果を付与する。呪力増強・擦り傷程度の怪我を治癒・スピードアップの3つの中からランダムで付与される。呪力の消費が少々多いのでここぞという時に1度しか使わない。
    サポートに徹するだけならめっちゃ使う。

    9.幻想曲(ファンタジー)
    →指パッチンの音を聞いた"呪力を持つ人"or呪霊に幻術をみせる。内容はたくさんの冬夜が地面や自自身の身体など、どこからともなく溢れてくるちょっとキモい内容。

    10.行進曲(マーチ)
    →後光の発動

    ※後光とは…普段から冬夜が腰に下げている鍔が呪力を帯びて、まるで後光が指しているかのように展開している状態。7の間奏曲を発動せずとも、背後からの攻撃は勝手に防いでいる。

    武器:短刀(妖刀)×2
    呪力を帯びているモノだけを斬れる

    詳細:両親の仕事の都合で16歳(高専入学直後)から1年間、海外に住んでいた為に17歳ながら未だに1年生である。(嫌々留年してしまった)その為、2年生の面々とは面識がない。
    とりあえず高専は卒業したいという気持ちがあった為、両親を海外に残し1人帰国し寮で暮らしている。
    海外での1年間は特に学校等へは通っておらず、幼い頃から趣味で続けていたギター(アコギ)の腕をスカウトされてアーティストのレコーディングに参加したり、楽曲提供をして小遣い稼ぎをしていた。帰国してからは日本のアーティストにも楽曲提供していたりする。
    (因みに稼いだ小遣いは高専へ通う為の経費として貯金中)
    料理もよくやっており、野薔薇や悠仁に頻繁にたかられるので食費が少々嵩んでいるのがちょっとした悩みだったりもする。

    備考:
    ・好きなもの→趣味の時間、1年の同期3人、鍋料理、作曲、
    雪うさぎ

    ・嫌いなもの→趣味の時間を阻害されること、冷たい食べ物
    (嫌いというより苦手)、虫

    ・趣味→作曲、アコギ、料理

    ・特技→絶対音感、料理、作曲