Missing thumb🌼ヒナギク🍀さんの創作っ子
841e45857cca6defd611862d775a6422

プロフィール

フルネーム
聖銀の魔獣 ユーリエフ
年齢
不明
性別
血液型
身長
143cm
体重
出身地
Medal button
 

人々から聖銀の魔獣と呼ばれ、恐れられている魔獣の一体。
幼い少年の姿をしているものの、その内に秘められた力は町ひとつを地図上から消してしまうほど。
彼が現れた近隣の町では、決して彼の不興を買わぬよう厳戒態勢が敷かれるのだが、彼自身は至ってお気楽でマイペースな性格。

しかし警戒されているだけのことはあり、彼を討伐しようと貴族がけしかけた傭兵はひとり残らず皆殺しにされ、やがて傭兵たちを差し向けた貴族が住む町は、国ごと消滅させられたという逸話が残されている。
また、その後彼がねぐらとして使っていた洞穴の近くには、傭兵の持ち物であった道具鞄が泥まみれで転がっていたという。

彼が持つ深海色の瞳には人を惑わし魅了させる力があり、自身にとって害のある人物を一瞬にして無力化し、己の糧としてしまう。
敵意がなければ発動しないため基本的には無害だが、決してこちらから手を出してはいけない。彼とはそんな存在なのである。

夏などの気温が高まる時期によく水辺に姿を現すことが多く、そうでなくても好物の魚を求めて度々人里近くの川辺に姿を見せることがある。基本的に魚以外に興味がないのか、近くに人間がいても全く気にも留めない様子で一心不乱に魚を捕っている姿は、田舎の人々にはよく目撃されるらしい。

また、体毛が生え変わる時期が一定あり、その時期になると川辺や森の奥などで白銀色の美しい毛が拾えることがある。
この毛で作られた素材は非常に価値が高く、商人たちの間では高額で取引されているとか。

魔獣という呼び名や、その読めない思考と行動から意思疎通は不能だと考えられているが、知能そのものは非常に高く対話も可能。
ただし基本的に人間に興味を持たず、会話も必要としないため、彼が言葉を発している瞬間を見た者は誰もいない。