うちのこまとめ・うちのこまとめプラスの
終了について
228a743ea46d24911dd0315910c16090小雀蒼生さんの創作っ子
%e3%83%81%e3%83%93%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%82%b9

プロフィール

フルネーム
Edgar Elias Welin
フリガナ
エドガー・エリアス・ヴェリーン
年齢
28歳
性別
血液型
O
身長
189cm
体重
87kg
一人称
二人称
君、貴方 など
Medal button
 

さすらう紳士 もとい冒険者。
相棒のラーシュとともに遺跡巡りの旅を続けている。

物腰柔らかく品のよい態度で容易に人心を掴むお人好し、に見えて腹黒いことを考えていたりする。
害のない相手には紳士、少しでも敵意があったり、己の信念に反する相手には徹底的に嫌味で返すというある意味で分かりやすい人物。

身に付けたマントからあらゆるものを出し入れするという謎の秘技も持っている元教師。

・仕事/冒険者(元教師)
・性格/温厚
・趣味/読書
・特技/ペン回し
・好きな色/蒲公英色
・嫌いな色/マラカイトグリーン
・好きな飲食物/魚
・嫌いな飲食物/もやし
・好きな季節/秋
・好きな場所/図書館
・苦手なもの/身の上話
・喜怒哀楽のスイッチ/家族の話をされると哀のスイッチが入る
・口癖、手癖/ペン回し
・トラウマ/※どうでもいい設定の項参照
・金銭感覚/財布の口はやや堅い
・恋愛観/期待はしないもの
・持病/喘息
・部屋の内装/無駄なものがない

口調↓
「はい、ではラーシュ君。今我々がすべきことが何なのか、胸に手を当てなくても分かりますよね?」
「君がそういうなら私も付き合いますよ、ラーシュ。相棒ですからね」
「おや、お気に障りましたか? それは申し訳ない。私の心の目は盲目でして」

※エリアスのマントの秘密
元々エリアスの実家は代々魔法使いの家系で、曾祖母が世界的に有名な空間魔法使い。そのため、エリアスも空間魔法を使うことが出来る が、本人はその素質に気付いておらず、ただのマントを魔法道具だと思い込み(父のイタズラのせい)、無意識に魔法を使って物を出し入れしている。
故に、今現在はマントでしか物の収納が出来ないが、本人が素質に気付いて真面目に修行をすれば曾祖母クラスの魔法使いにはなれる。

幼少期に砂漠の盗賊に拉致されかけた事があり、砂漠の民に近寄られると未だに震えが止まらなくなる。

本来の一人称は「僕」で、口調もですます調ではなく、柔和でとっつきやすい口調。
「僕はそんなことを言ったりしないよ」
「君がいいんなら、僕もそうしよう」
ごく親しい間柄でないと素にはなれず、逆に言えば口調が崩れれば大分気を許している証拠。
(※ラーシュには許していない)

気を使う嘘をよく吐く。
体調不良を隠したり、何かに気付いてないフリをするなど空気は読むほう。相手のために嘘を吐くが、時々ラーシュをからかって他愛もない嘘を吐く事もある。

故郷の婚約者の裏切り(浮気)を目撃しているため、故郷に帰ろうとは思っていない。できればどこか定住できる場所を別に探したいと旅を続けている。