%e7%ae%a1%e7%90%86%e4%ba%ba%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8%e7%b5%b5%ef%bc%92優月聖音さんの創作っ子
%e7%84%a1%e9%a1%8c

リッキー

ぼくはリッキー。よろしくね!

%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%82%af%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%83%bc

プロフィール

フルネーム
リッキー・クイーンペルー
登場作品
シャイニングブレード~十三の光~
年齢
16歳
誕生日
12月24日
性別
身長
166cm
出身地
??
一人称
ぼく
二人称
きみ、名前呼び捨て
Medal button
 

世界リクワイアにある聖なる大陸―――そこに三大国が存在する。そのうちの1つ、星の国に住む少女。

しかし出生は不明であり、シルバーナイト家の孤児受け入れの時に国へ迎え入れられた。どこで生まれ受け入れられるまでどこにいたのかなどいろいろと不明な点が多く、ショックからの記憶喪失だろうということで本人も王家の者も深く考えないことにしている。

一人称がぼくであるということと姿が(絵が某誰かと似てるけどたまたまです)男性っぽいことから黙っていると少年に見間違われそうだが、実際はれっきとした女性。だが自分自身そのような振る舞いをする気がなく、まさに自由奔放と言っていいだろう。

総合して言えるのは、彼女が典型的な妖精であること。特に何も考えることなく浮かびたいと思った時に空を飛ぶことができたり、魔法を扱う能力があるという点から、魔力のコントロールができる才能がある=妖精という結論に至っている。本人もそれは分かっているらしく、少なくとも空を自由自在に飛べる自分が人間などと思うことはないようだ。

○以下ステータス、服装など
基本的に軽装で緑を基調とした服を好む。瞳の色は黒。ぼくっ子の影響か、ベレー帽のような編み込み帽子をかぶり、薄黄色な髪をほとんど露出していない。服の襟元あたりから出ているらしい白いリボンのようなものは一応鞭のように扱うこともでき、魔力の放出があった際ふわりと動いたり、飛ぶ時にふわふわしていたりととにかく動く。意思はないのだが、リッキーが魔力を放出する時に反応するらしく、これは孤児として受け入れられた頃からずっと大事にしているという。

生まれながらの属性は聖(光)。妖精であるため魔法を扱うことができる。光の魔法である聖魔法を操り、人の怪我を癒したり魔物討伐の武器として戦うこともある。

質問

質問するにはログインが必要です

例: 質問はこんな感じで表示されます。

Matomechan

例: 回答はこんな感じで表示されます。