Kimg0001といといさんの創作っ子
Kimg0375 02

ヤドリギ

「キミ、心配だなぁ…うちで休んでいかない?」

Yadorigi2

プロフィール

登場作品
十位宅ローレス
年齢
年齢不詳
性別
身長
180前半
一人称
俺、僕、私(安定しない)
二人称
キミ
Medal button
 

危険度ss+の喧嘩屋です。
髪の色は青、目はオレンジです。
世話好きな性格をしています。
器用貧乏です。武器は薬を主に使います。


「ああ、目が覚めた? …そんなに、怯えなくて、いいよ。ゆっくり、休んでいくといい」
「なにか困ってる? 私にできることなら、何でもしてあげる」
「僕の手で、キミを、"生かして"あげる…安心して、ね。」


世話好き、と言えば聞こえは良いがその実、本人いわく"心配な"人間を自宅に監禁して「お世話」を楽しむ危険人物。
麻痺毒などを投与して動けない状態の相手を「人並みに生活」させることに生きがいを感じる。
もはや世話好きというより介護好きでは……?

抵抗がひどいとむしろ危ないからと関節を外すくらいのことは平然とする。
麻薬を投与したり骨を折ったりして「お世話」の幅を増やすこともしばしばあるが、すべて一応「綺麗に元通り治る範囲」でのこと。
ただし治ったから解放されるとも限らないので捕まったら終わりくらいの認識で居たほうがよい。

一人称や口調にあまり一貫性がない。麻痺していたり朦朧としている相手などにはゆっくりはっきり喋る。
基本的に物腰は穏やかだが、そもそもの思考回路がおかしい。サイコパス?
薬は自家製。研究も好き。
攫おうとして結果的に喧嘩になることが多く、喧嘩屋と呼ばれているだけで本人が名乗っているわけではない。

戦闘には主に体術を用いるが、相手によっては液体や気体、注射器、針などを用いた薬品での攻撃(?)も。
チートじみているが腕力はあまりないため、仕掛ける際は一撃必殺を狙うことが多い。

常人の一日のルーチンが一カ月くらいに引き延ばされており、三日~一週間くらい昏々と寝ている時期がある。
三大欲求が死滅している節があり、お世話相手の食事はとてもまともに作るのに対し、自分の食事は主に自作の栄養剤。性欲なんてなかった。睡眠は上記のとおり、寝ている期間以外は活動し続けている。
体質(?)については自作の薬を試しすぎた弊害らしいが、特に困っていないのでそのまま。