Lusone%28%e7%81%bc%e7%86%b1%e7%89%88%29シルネオンさんの創作っ子
Silone4   %e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc %282%29

シローネ

「えぇ。生きる道が残されてないのなら、この身が滅びるまで戦うわ。過去の断片なんていらない。今私が欲しいのは光…ただそれだけなの。」

    Silone4 %e3%83%8a%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3

    プロフィール

    フルネーム
    シローネ・ラ・フィレローズ
    登場作品
    The LastONE(Legend of FireRose)
    年齢
    411(見た目は17歳相当)
    誕生日
    8/26
    性別
    血液型
    A型
    出身地
    アルヴァ王国
    一人称
    私(楽曲中では僕)
    二人称
    あなた(バリアント時はあんた)
    Medal button
     

    アルヴァ王国の炎のシャーマン。伝説の巫女『ヴィヴィアン』の孫娘であり、
    『火の薔薇の巫女』の名を持つ正統な継承者である。ラスワン世界に
    おける、重要な鍵を握る人物(ヒロイン)である。
    なお今日では、ラスワン世界の看板娘的なキャラの位置づけにもなっている。

    普段の性格は至って温和で人当りがよく、知的好奇心も高いが、反面メンタル面が
    脆弱で、感情の起伏が激しい。元から自己犠牲が正義だと思い込んでおり、
    誰かを救うためなら死さえも躊躇しない。それが彼女の強さでもあり、逆に言えば
    弱さでもある。劇中ではその性格が仇となり、悲劇のヒロイン的な役回りを
    強いられることになる。ランクス同様、甘党。林檎と桃が好物。

    彼女の正体は、過去(約400年前)にゼルナスによって邪悪な呪術をかけられた
    超生命体『バリアント』である。彼女は『オーガス・バリアント』と呼ばれ、
    美しくも残酷な姿と化す。変身後は性格が激変し、極度の破壊による快楽主義者
    になり、バリアントのみを味方とみなす(完全に暴走するとバリアントでさえも
    敵に回す可能性がある)ため、かつての友でさえも殺そうとする。
    しかし、彼女がバリアントになることによって、相当なものを失った。
    彼女の親友のエミルだけでなく、(同胞を救おうとしたが皮肉にも)力を制御
    できず、同胞を殺戮したために敵に回されるなど総じて不憫である。
    バリアントの力を制御するために、『オルガスの枷』と呼ばれるものを左腿に
    装着している。それを外すとバリアントになる。

    バリアントの呪いによって、彼女は不老不死の姿となってしまい、呪術を
    受けた時から肉体の成長は止まっている。推定17歳と言われているが、
    実年齢は411歳である。同時に強力な魔力の才能をさらに開花させ、
    詠唱なしによる炎のソーサリーの発動、ある対象への自然発火や自らの体温を
    自在に操れるなど、超人的な能力でさえも身に着けている。

    ラ・フィレローズ家の末裔として、現在軸に『プリミナ』という女性がいる。
    しかし、2人とも直接会ったことはない。彼女は「シローネの直属」と明言
    しており、シローネの相手が誰かは明らかにされていないものの、相手次第
    ではラスワン世界の運命の大きな手がかりともなり得る。

    ラスワン世界で一番、お腹を空かせている。

    ○その他情報
    属性:炎
    部族:フィレオール族
    好きなもの:林檎、桃
    嫌いなもの:仲間を見捨てること

    質問

    質問するにはログインが必要です

    例: 質問はこんな感じで表示されます。

    Matomechan

    例: 回答はこんな感じで表示されます。