Lusone%28%e7%81%bc%e7%86%b1%e7%89%88%29シルネオンさんの創作っ子
Xelnus1 4

ゼルナス

「絶滅せよ。私に楯突く者は…死だ!!」

    Xelnus1 4

    プロフィール

    フルネーム
    ゼルナス・ミ・クレバドール
    登場作品
    The LastONE(Legend of FireRose)
    年齢
    26
    誕生日
    9/1
    性別
    血液型
    A型
    出身地
    アルヴァ王国
    一人称
    二人称
    君、お前
    Medal button
     

    崩壊していくアルヴァを救うため、崇高な闇の呪術にして禁忌の超生命体
    『バリアント』を作り上げた闇の魔道士。元々は抵抗組織『エルソーサー』の
    一員だったが、離反し独自の抵抗組織『バリアント』の統率者となる。
    本編ではランクスに立ちはだかった最後のボスとして登場している。

    自らの望みのため、堕ちた同胞達を拾い集め、力を欲する者をバリアントに
    仕立て上げている。有志としてやって来、最終的に大成した者にのみ、
    抵抗組織に所属することが許される。彼の仲間はシローネを始めとして、
    腹心のアモン、不撓の戦士ドルガード、同じエルソーサーの部下クレイブ、
    そしてシローネを救うために自ら有志したエミルの計5人である。
    語尾に『~たまえ』が付くことが多く、それが大きな特徴である。

    彼の性格は至って物腰柔らかであり、常に異常なほどに冷静である。
    それは全て、彼の日頃浮かべる不審な笑みが物語っている。
    彼の考えは非常に冷酷であり、目的を遂行するためならば自らの部隊の
    者(手駒)の命さえ惜しまない。ただし、バリアントの仲間達に対して
    はそのような意思はない模様。

    彼の身長はラスワン世界の中で一番高く、約200cmにも及ぶ。
    ここまでの大柄な身はフィレオール族の中でも『異端』ではあるが、
    ゼルナス自身はそれに対して肯定的に捉えている模様。
    また、彼はバリアントのヴェール(呪術)大成の犠牲として片目を失っている。
    他人の犠牲だけでなく、自らの犠牲でさえも顧みないようだ。

    バリアントになると『ドゥーム・バリアント』へと変化する。
    強靱な装甲を身に纏い、邪悪なオーラを醸し出している。
    バリアント最上級の存在で、パワーは他と比べて桁違いである。
    強力な魔力と圧倒的な体力を兼ね備えた、まさにリーダー格に
    相応しいスペックを持つ。

    アルヴァとバリアントの生存を巡る戦いの末、力を大きく消耗したゼルナスは、
    療養のために魔力溢れる異境『アイゼンクラッド』へと旅をする。
    それはただ療養が目的ではなく、災厄の存在として言われ続けたバリアントと
    いう存在をこの世から忘却させるためでもある。しかし、その旅の最中、
    先に死したエミルからの嘆願により、贖罪のため再びアルヴァへと回帰した。

    姓は『エレーガ』ではないものの、蒼狼王ランクスと姿が似ている。
    彼はエレーガ家の先祖であり、ランクスとは血が繋がった仲である。
    彼自身は王族ではないが、後に彼の孫であるデルがアルヴァに王政を掲げ、
    『アルヴァ王国』を築き上げることにより正統な王として君臨した。

    ラスワン世界の中で一番、不審な笑みが多い。

    ○その他情報
    属性:闇
    部族:フィレオール族
    好きなもの:支配、ヴェールの生成
    嫌いなもの:不明

    質問

    質問するにはログインが必要です

    例: 質問はこんな感じで表示されます。

    Matomechan

    例: 回答はこんな感じで表示されます。