%e7%ae%a1%e7%90%86%e4%ba%ba%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8%e7%b5%b5%ef%bc%92優月聖音さんの創作っ子
%e7%84%a1%e9%a1%8c

ペラルタ

ほんと―――かつてディエティにこの星が救われた話を思い出すわ……

%e3%83%9a%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%bb%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%83%ab

プロフィール

フルネーム
ペラルタ・ミルキル
登場作品
シャイニングブレード~十三の光~
年齢
28歳
性別
身長
167cm
出身地
スタームーン星
一人称
二人称
あなた、稀に○○さん
Medal button
 

ディエティと所縁の強いと言われる『スタームーン星』。その星を治める王妃。
王であるピリズと共に二人三脚で星の安泰な星の生活を確立させていたが、王家の中にムーンシルバー族が生まれたことで亀裂が走り、途端に過激派からの対応に追われることとなる。
ムーンシルバーの血を持つ娘とミルキルの血を持つ息子を騒動に巻き込まないため、同じくディエティと所縁のあるキャルド星へ2人を逃がし、ピリズと共に過激派によって囚われの身に。

そこへ親を救うため、子供たちと共に2人を保護した旅人たちがこの問題に関わるようになる―――。

○スタームーン星が抱える問題
スタームーン星には天使のみが暮らす。もともと天使の羽を持って生まれるミルキルの血(ミルキル族)と、天使の羽が成人になるにつれ成長するムーンシルバーの血(ムーンシルバー族)の2種類が存在する。もともとどちらが生まれてもおかしくない環境下だが、ミルキル族同士で生まれるのはミルキル族の子供の可能性が高く、しかし極稀にムーンシルバー族の血が入った子供が生まれることがある。

ムーンシルバー族はミルキル族よりも数が少なく、天使としては発達が遅いためミルキル族より劣っていると認識され、王家の中でも住人の中でも生まれたムーンシルバー族は揃ってやや蔑まされる形で、しかしできるだけ平等な対応をという言葉で平穏を保ち続けていた。

しかし今回のムーンシルバー族の娘が生まれたことによる王位継承の剥奪事件が、残りのムーンシルバー族の怒りを買い、騒動へと発展する。王家以前に家族であるはずの娘から王位を継承させないとはいかがなものかと―――。

ペラルタはこの事件に心を痛め、ピリズと共にこの騒動と2つの民族の亀裂についてしっかり向き合う時間を取る決心を本編中で固めていくことになる。

○以下ステータスなど
生まれつきの属性は光。天使で子供たちを生む前は戦う能力もあったが、子供たちを生んだことによってその能力を失った。今は時世の統制と平穏をピリズと共に保つ方法を模索しながら星を治めている。
星と子供たち両方を大切に思う心優しい女性であり、その豊富な胸とおしとやかな雰囲気は特徴の1つ。
黄色いカチューシャ、黄土色の瞳、白を基調とした服装とピンクがかった羽、そして額にはミルキル族の象徴である星の飾り物(?)をつけている。
うす茶色の髪は後ろで1つにくくっており、三つ編みだったり簡単に1つにまとめている場合もある。

質問

質問するにはログインが必要です

例: 質問はこんな感じで表示されます。

Matomechan

例: 回答はこんな感じで表示されます。