Lusone%28%e7%81%bc%e7%86%b1%e7%89%88%29シルネオンさんの創作っ子
Girion%28%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3%29

ジリオン

「俺はラスワン様の声を聞くことが出来る。…プリミナがラ・フィレローズ家の末裔であるのと同じく、俺がレ・ファルミネンス家の末裔としてな。」

    Girion2

    プロフィール

    フルネーム
    ジリオン・レ・ファルミネンス
    登場作品
    The LastONE
    年齢
    20
    誕生日
    6/24
    性別
    血液型
    O
    出身地
    アルヴァ王国
    一人称
    二人称
    君、お前
    Medal button
     

    別世界を繋ぐ門『異世界ゲート』の管理人。舞姫エミルの末裔。
    (正確に言えばエミルの妹ライラの遠い孫)
    未来からやって来たわけではなく、現在軸で密かに暮らしているとのこと。
    ラスワン世界と別世界の兆候を予見し、監視を続ける若き魔術師。

    彼はラスワン世界の滅亡の危機を早期に察知し、異世界アイゼンクラッドの
    一角で調査団(ギルド)に所属し、いち早い兆候を監視している。
    彼は若いながら、確かな実力を持っているためギルド内での地位は高い。

    性格は至って真面目であり、そして思慮深い。ラスワン神への信心も深い。
    そんな彼だが、じっとしていられない積極的な行動屋でもある。
    要するに、クールな外見とは裏腹に、熱い一面を内に秘めている人。

    彼はエミルやライラが分からないほどの歳月と血筋を経て生まれた子である。
    ジリオン自身はエミルの末裔だということは知っており、史実にあまり語られて
    いないながらも、エミルの存在はよく知っているようだ。

    彼はエミル以上に高等な魔術スキルを持っており、生まれながらにしての才覚と
    正統な血統によって開花したとのこと。水のソーサリーを得意とする。
    それ以外に、彼は未来視やサイコテレパスをも可能としており、それによって
    戦局を一転させることも可能。これらを行うためには、水のソーサリーを
    扱うよりも多くの魔力を必要としているため、多用はできない。

    生粋のアルヴァ王国の民であり、フィレオール族である彼だが、現在は仕事柄の関係で
    アルヴァとガルフの中間地点にある群島の一島「アルミナス島」とアイゼンクラッドを
    往来している。そこで仕事に勤しんでいるらしい。

    彼は元々放浪者として旅をしていたが、ある時にプリミナと遭遇してから行動を
    共にする。一応、プリミナとはあくまで同僚という関係で踏みとどまっているが、
    彼女自身は彼を気に入っているらしく、曰く「有能なお手伝いさん」と思われている。
    ちなみに、プリミナはジリオンのサイコテレパスが利かない数少ない存在らしい。

    ラスワン世界の中で一番、くしゃみが可愛い。

    ○その他情報
    属性:光
    部族:フィレオール族
    好きなもの:一人旅、パスタ
    嫌いなもの:お酒、プリミナのやらしい話

    質問

    質問するにはログインが必要です

    例: 質問はこんな感じで表示されます。

    Matomechan

    例: 回答はこんな感じで表示されます。