Lusone%28%e7%81%bc%e7%86%b1%e7%89%88%29シルネオンさんの創作っ子
6511c328598baf179b30bfedcfe5de25

遜真

「余は六道王様に従うのみ。煉浄、余が汝の元へ帰ることはもうあるまい。」

    03476df053ec29ac7e78f9d8edc45d1e

    プロフィール

    フルネーム
    六道王宮遜真
    フリガナ
    りくどうおうぐうそんしん
    登場作品
    六道妖魔奇譚
    年齢
    19(推定)
    性別
    血液型
    不明
    出身地
    冥界(地獄道)
    一人称
    二人称
    Medal button
     

    六道(りくどう)全ての統率者『六道王(りくどうおう)』に仕える、亀の化身。
    人間界に降り立ち、人間界と冥界の均衡を乱している。
    『六道の黒亀』と呼ばれている。契約者は不明。

    元々、遜真は人間であったが、彼の生前の行いが故に冥界に送られる。
    そこで彼は来世転生すべく妖魔となり、地獄道へと歩み寄った。
    とある経緯から地獄道を抜け、六道王の片腕と成り上がり、今に至る。
    ちなみに、妖魔となった者には人間の耳はない。遜真も例外ではない。

    非常にマイペースな性格をしており、面倒くさがり。六道王と契約者など
    強い力を持つ者以外の命令には耳を傾けようとしない。
    同じ六道王宮である「伯蒋」とは六道王宮を慮る心こそ同じだが、
    正反対の性格があるが故にお互いに反発することが多々ある。2人とも
    尖った性格を持っているため、六道王もそれなりに手を焼いている。
    槍と盾を使った戦いを得意とし、『葬槍(そうそう)』と『葬甲(そうこう)』
    と呼ばれる槍と盾を駆使する。遜真は手数こそ少ないが、一撃で仕留められる
    ほどの威力と命中精度を持っている。

    元は『沙俱羅法師(さぐらほうし)』という名前の徳の高い僧侶。
    遜真は煉浄と共に、同じ師の下で修業をしていた。しかし、地獄道でのある事件に
    関与していると煉浄に疑われ、答えを曖昧にしたまま決別する。その後、彼は
    地獄道を後にし六道王の元へ赴く。煉浄と比べて才能はかなりあるらしいが、
    修業中に居眠りしたり鍛錬をサボったりと他の修行者から目をつけられていたらしい。

    ○その他情報
    属性:闇
    部族:妖魔
    好きなもの:瞑想、昼寝、杏仁豆腐
    嫌いなもの:せっかちな存在

    質問

    質問するにはログインが必要です

    例: 質問はこんな感じで表示されます。

    Matomechan

    例: 回答はこんな感じで表示されます。