平行線

『いつか「差別」という空間がなくなって やがて一本の線になるその時まで』
能力者と政府が差別の違法性をめぐって対立するお話。